ChildFirst拡大司法面接研修およびピア・レビューアー養成研修のご案内

ChildFirst®司法面接研修・ChildFirstTM司法面接研修・RATAC®司法面接研修をご受講くださったみなさまを対象に、以下の研修を開催いたします。

1.「ChildFirst®拡大司法面接研修」

『拡大司法面接』とは、1回の司法面接を複数のセッションに分けて実施することを指します。
司法面接は、1回の面接で子どもが受けた被害の詳細を包括的に聞き取れることが最も望ましいのですが、それが難しいこともあります。たとえば、ラポールを築くのに時間がかかる子どもたちもいますし、知的障害や神経発達症を持つ子どもたちや幼少児は注意の持続時間がもたず、一度で聞ききれないこともよくあります。あるいは、被害が長期に及んでいたり、加害者が複数いるなどして、聞き取りに時間のかかるお子さんもいます。そのような場合に、拡大司法面接が適用されます。
しかし、拡大司法面接を実施する際には、配慮しなければならないことがたくさんあります。安易に複数回セッションの面接をすると、示唆的になって、子どもの証言が歪められたり、よかれと思ってセッションを分けたことが子どもに負担をかける結果となったりします。
拡大司法面接に関する正しい知識と適切な面接技術を学びましょう。

*1回の司法面接を複数のセッションに分けて実施する「拡大司法面接」に関する正しい知識と適切な面接技術を学んでいただけます。
この研修は、すでにChildFirst®司法面接研修・ChildFirstTM司法面接研修・RATAC®司法面接研修のいずれかをご受講済みの方が対象になります。

【お申込み受付中】

日程令和3年6月23日(水)・24日(木)・25日(金)の連続3日間研修。午前9時~午後6時

定員40名

会場ラジオ日本クリエイト3階 A会議室(横浜市中区長者町5-85 三共横浜ビル 3階)

受講料33,000円(税込)

画像クリックでPDFファイルを表示します。FAXにてお申込み下さい

 

2.「ChildFirst®司法面接ピア・レビューアー養成研修」

「司法面接研修は受講したけれど、今ひとつ、自信が無い」「だんだん、自己流になってきた」「職場の上司の要請に従っていたら、チャイルド・ファーストの理念からかけ離れていくような気がする」
このような状況に陥っていませんか? 自分が実践している司法面接を本来のあるべき姿に戻すために必須の研修が『ピア・レビュー』です。
ところが、残念なことに、日本にはこの『ピア・レビュー』を指導できる人材、すなわち、『ピア・レビューアー』がほとんどいません。
司法面接を子どもたちのみならず、虐待等の人権侵害を受けた障がい者にも広げようというこの時代に、『ピア・レビューアー』すらいないというお粗末な状態では、先が思いやられます。
日本の司法面接を世界標準に引き上げるために、是非とも、本研修をご受講ください。

*司法面接を適切に行っていくためには、「ピア・レビュー」を受け、自身の技術を磨いていくとともに、常にチャイルドファーストの理念に立ち返り、それを守っていくことが必要です。

この研修では、「ピア・レビュー」を指導できる人材である、「ピア・レビューアー」を養成します。

この研修は、すでにChildFirst®司法面接研修・ChildFirstTM司法面接研修・RATAC®司法面接研修のいずれかをご受講済みの方が対象になります。

定員に達しました。キャンセル待ちをご希望の方は、申込書に「キャンセル待ち希望」と記載してFAXでお送りください。

日程令和3年6月26日(土)・27日(日)の連続2日間研修。午前9時~午後6時

定員8名

会場子どもの権利擁護センターかながわ 研修室(神奈川県伊勢原市桜台1-5-31)

受講料22,000円(税込)

画像クリックでPDFファイルを表示します。FAXにてお申込み下さい

 

参加ご希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。