CFJ研修会

CFJ202007

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のため、研修開催時に、問診票のご提出のお願いや検温などを実施しておりますので、ご協力をお願いいたします。
詳細はこちら(問診票のダウンロードもできます)

第91回 CFJ研修会

「日本に司法小児科学という学問がない弊害」

2021年5月22日(土)14時より、「第91回 CFJ研修会」を行います。是非、ご参加ください。

開催時間:午後2時~午後4時(受付 午後1時30分~)
定  員:12名
参 加 費  :学生 550円 CFJ会員 1,100円 一般 2,200円

会場 :子供の権利擁護センターかながわ2階 研修室

講師:CFJ理事長 山田 不二子(医師)

当法人理事長 山田 不二子の恩師 故 坂井 聖二先生が山田理事長に託した遺言は、次の四つでした。
一、子ども虐待に関する専門性の高い英語の教科書を和訳すること
二、性虐待に取り組むこと
三、医学部教育の中に子ども虐待を盛り込むこと
四、日本に司法小児科学を根付かせること
一については、当法人理事 溝口 史剛医師を中心とした日本子ども虐待医学会(JaMSCAN)の若手医師たちが頑張ってくれました。
二については、当法人がChildFirst®司法面接研修や虐待被害児診察技術研修を実施することで、性虐待へ
の取り組みはかなり進みました。
三については、2020年度から初期研修医のカ
リキュラムに子ども虐待が組み込まれた関係で、医学部教育でも子ども虐待の授業がほぼ必修化されました。
残るは、四の『司法小児科学』のみとなりました。

第91回CFJ研修会では、ここに託された山田の夢を語ります。

 

画像クリックでPDFを表示します
または こちら (PDFファイル)